メッセージ 活動内容紹介ムービー ロレアルの活動 日本の活動 トッピクス  

ロレアルの活動の内容

2005年、ロレアルはUNESCO(ユネスコ)とともにグローバルな活動を目指し、 “美容の世界で行う”HIV/エイズの正しい知識の普及活動をスタートしました。

ロレアルの取締役会長婦人‘レディー クリスティーナ ジョーンズ’は、以前からUNESCO(ユネスコ)の親善大使としての職務を担当、世界中で問題となっているHIV/エイズ予防に広く貢献しています。

私達ロレアルは、そのUNESCO(ユネスコ)の協力を得ながら、世界中でHIV/エイズの正しい知識の普及を目指しています。

2005年度はインドとブラジルの2カ国、2006年度からはフランス、イギリス、イタリア、スペイン、中国、タイ、6カ国のロレアルで活動が始まりました。

翌年2007年からはドイツ、ポルトガル、オランダ、アルゼンチン、ベルギー、マレーシア、メキシコなどの国々のロレアルも追従、既に世界中のロレアルにおいて、その教育機会を通じたHIV/エイズの正しい知識を伝達する活動が行われており、この活動は世界中に広がりを見せています。

私たちロレアルは、美容師に対する技術指導等、世界中で様々な教育を行っています。その教育機会を通じて、世界中の美容師にHIV/エイズの正しい知識を伝えて行く事が出来るのです。その知識は、今度は美容師を通じて多くの人々にまた伝わっていくことになります。

HIV/エイズ予防には「正しい知識」を持つことがとても大切です。知識さえ持っていれば、決して怖がるものではないのです。

日本は先進国の中で唯一、HIV/エイズ感染者が増えているという深刻な状況下にあることを御存じでしょうか。私たち日本ロレアルは、世界のロレアルが行ってきた活動があげた大きな成果を持って、ここ日本でも美容の世界で行うHIV/エイズの正しい知識の普及活動をスタートしました。ユネスコとともに、世界中でHIV/エイズの正しい知識を普及させていきます。

美容の世界で行うこれらの活動は、これからもUNESCO(ユネスコ)とともに世界中でHIV/エイズの正しい知識を普及させていきます。
 

日本ロレアルの活動の内容 

日本ロレアル ユネスコ Loreal Professionnel KERASTASE ALEXANDRE DE PARIS ATELIER MADE by shu uemura