メッセージ 活動内容紹介ムービー ロレアルの活動 日本の活動 トピックス  

 
logo
 
2008年度は「GRANDTAYA」と「サロン・ド・ボーテ・グレース」にご協力をいただき、ヘアサロン×ロレアル×ユネスコで行うHIV/エイズ予防教育活動のオフィシャルパートナーとしてプロジェクトを推進しています。 活動を開始するにあたり、まずは美容師の皆様にHIV/エイズの基本的な知識を学んでいただきました。その後、サロンにてお客様にリーフレットをお渡ししながら、HIV/エイズの正しい知識の普及に貢献していただいています。
img1   img2   img3
サロン・ド・ボーテ・グレースはポルタ店、ジョイナス店にて活動していただいています。地域の顧客の 多い両店舗ではお客様との信頼関係が深く、真剣に話を聞いてくださるお客様も多いとのこと。(写真左) お客様へHIV/エイズの正しい知識を伝達中のスタイリスト、日吉百合子さん、(写真中央) 取締役人事部長、 松野功明さん、(写真右) 明るくHIV/エイズの話しをしようと積極的なポルタ店の皆さん。
img4   img5   img6
(写真左) 銀座という場所柄、様々なことに関心が高く、知識人が多いというGRAND TAYAにて。HIV/エイズについても抵抗がなく、現状の深刻さをスムーズに受け止め、 話に聞き入るお客様ばかり。
(写真右、総支配人の飯塚ひろみさん、写真中央、クリエイティブディレクターの大川雅之さん)

 


 

 

 
img7
 
サロン・ド・ボーテ・グレース
取締役人事部長
松野 功明さん
今回ロレアルとこの活動を始め、エイズについて「自分には無縁」、「関心がない」という方が多く、そのために知識がないという方も多いことに驚きました。しかし実際にお客様とお話をすると、「大切な事」とご賛同くださる方や「自分も何か貢献したい」という方、内容を見て驚かれる方など、全体的に関心をもっていただける一方で、お伝えした知識をそのままご自分の知識としてのみにとどまってしまうケースが多いことにも気が付きました。 日本人はエイズについての会話や教育が全くといっていいほどなされていない。そのような現状を踏まえるとロレアルとユネスコという大きな組織が行っている活動に参加することで、私たち美容師は抵抗なくお客様にエイズについての話ができるきっかけとなりました。HIV/エイズはできるだけ早い時期に正しい知識を得ることが大切です。サロン内だけではなく、様々な機会でもHIV/エイズの正しい知識を伝えていきたいと思います。また青少年向けのパンフレット、厚生労働省や保健所の力をもっと活用することも大きく早く進めていくためには必要だと思います。 img9
 
GRAND TAYA
総支配人
飯塚 ひろみさん
活動を開始して以来、担当させていただいたお客様全てにリーフレットをお渡ししています。自分自身も抵抗なく活動の趣旨を理解し、参加できました。お客様も思ったよりスムーズに受け入れてくださり、関心の深さが分かりました。とても良い活動に参加できていることを嬉しく思います。お客様の多くは私たちスタッフよりも関心をもっていらっしゃる方が多く、お客様の知識の多さに驚きました。色々なことに目を向け、関心を持つことの大切さを改めて感じました。また、人と人との信頼関係や思いやりがHIV/エイズの正しい知識を伝えていく際には大切であることを感じました。 今後も、私ができることを協力していきたいと思っています。
img8
 
サロン・ド・ボーテ・グレース
トップスタイリスト
日吉 百合子さん
活動を始めてみて感じたのは、自分も含めてですが「正しい知識を知らない」という点がHIVの感染増加の原因であるということ。年代に関係なく、エイズについて知るすべが日本では少ないことをあらためて感じました。お客様に日本の現状をお話すると、皆さんとても熱心に話を聞いておられました。感染してしまう病ですので、1人1人が正しい知識を得て、楽しく一生を終えられるようにお互い協力が必要だと思います。この活動を通じて少しでもHIV/エイズの拡大を防げたらと思います。 img10
 
GRAND TAYA
クリエイティブディレクター
大川雅之さん
今回の活動を通して、自分自身がHIV/エイズの知識を得ることができ、とても大切なことだと認識しましたが、まだ人に伝える難しさを感じています。お客様は皆、話を聞いていただけますが、どこまで深く話してよいか遠慮してしまう場面があり、リーフレットをお渡しするだけに留まってしまうこともあります。しかし、活動は素晴らしく、どうにかして、少しでも上手くお客様にアプローチできないかと思案しています。 私自身、友人をエイズで亡くし、大きなショックを受けました。自分とは関係がないと思っていたことが実際に身近なところで起こり、ロレアルの活動で知ったHIV/エイズの正しい知識を持つ重要性を改めて痛感しました。 1日1人ずつでも、少しずつでもHIV/エイズの正しい知識をたくさんの人に持っていただけるように頑張りたいと思います。
img11

 
日本ロレアル ユネスコ Loreal Professionnel KERASTASE ALEXANDRE DE PARIS ATELIER MADE by shu uemura